GETTY

Photo: GETTY

フィービー・ブリジャーズはジョン・プラインの死後まもなく披露していた“Summer’s End”のカヴァーのスタジオ・レコーディング音源を公開している。

このカヴァー音源は衛星ラジオ局の「シリウスXM」で先週放送されたものとなっている。

カヴァー音源はこちらから。

フィービー・ブリジャーズは今年いくつかのカヴァーを披露していて、ブライト・アイズの“First Day of My Life”、ザ・1975の“Girls”、コナー・オバーストの“Mamah Borthwick (a Sketch)”といった曲をカヴァーしている。

フィービー・ブリジャーズは先日6月18日にセカンド・アルバム『パニッシャー』をリリースしている。

フィービー・ブリジャーズは『NME』とのインタヴューで『パニッシャー』が孤独な不確実性の時代にリリースされることはアルバムのテーマをより引き出すことになるとしている。

「アルバムではこの瞬間に感謝するために自分の無力さと向き合ったんだけど、今はこの瞬間を生きることを迫られているでしょ」

「話すべき未来がないでしょ。あったとしても、それがどんなものになるかは分からないわけだから」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ