GETTY

Photo: GETTY

ビリー・アイリッシュやロバート・プラント、ブランドン・フラワーズ、シェールはミュージケアーズ・リリーフ・ファンドのために貴重な愛する品々をオークションに出品している。

トニー・アイオミ、オジー・オズボーン、バーブラ・ストライサンド、デペッシュ・モード、ブレイク・シェルトンも9月9日にジュリアンズ・オークションで行われるオークションに「唯一無二」の品々を出品している。

出品される品については正式に発表されていないものの、各アーティストはソーシャル・メディアで自分が寄付したものについて言及し始めている。

ロバート・プラントは「ベッドルームで55年間練習していたギターが大好きなんだ」とツイートしている。

ジュリアンズ・オークションのダレン・ジュリアンは次のように述べている。「ソーシャル・ディスタンスと隔離による新しい世界の中で音楽とアートは私たちを結束させてくれ、ここ数ヶ月で感じてきた絶望と喪失に対して希望と救済を与えてくれます」

「ビル・ワイマンの寛大な呼びかけに感謝すると共に、映画や音楽、スポーツ、ファッションのアーティストに呼びかけ、彼らのクローゼットやアーカイヴを探してもらい、この緊急の取り組みに一つや二つの品々を寄付してもらいます」

ミュージケアーズはレコーディング・アカデミーと協力して新型コロナウイルスによって経済的な影響を受けたアーティストを支援している。

「前代未聞のレベルとなるイベントのキャンセルには前代未聞の対応が必要となります。この業界の多くの人が今は危機に瀕していて、どうなるか分からず、悲惨な経済状況と向き合っているのです」とレコーディング・アカデミーの暫定CEOであるハーヴェイ・メイソン・ジュニアは述べている。

「音楽コミュニティの土台にして未来であるミュージシャンやアーティスト、職人を支援するために協力してもらうよう業界全体に呼びかけています」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ