PRESS

Photo: PRESS

アビイ・ロード・スタジオはレコーディング・スタジオとしての営業を再開している。

アビイ・ロード・スタジオは、およそ90年間にわたって世界中のアーティストやプロデューサーを受け入れ数多くの作品を生み出してきたが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、2020年3月24日より史上初めての閉業を余儀なくされていた。

アビイ・ロード・スタジオは6月4日に営業を再開させており、再開後初のレコーディング・セッションは仏在住アメリカ人ジャズ・シンガー、メロディ・ガルドーとロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団がによって行われている。

レコーディングは、メロディ・ガルドーがパリから、グラミー賞を多数受賞しているプロデューサーのラリー・クラインがロサンゼルスからリモートで参加し、ロンドンのスタジオ内のミュージシャンやエンジニアと作業を進めていくというものとなっている。スタジオ・チームは新型コロナウイルス下での新たな基準を設定し、ソーシャル・ディスタンスと可能な限り安全なレコーディング環境を提供するガイドラインを策定したという。

アビイ・ロード・スタジオのマネージング・ディレクターであるイザベル・ガーヴェイは次のように語っている。「音楽は厳しい時間を乗り越える手助けをしてくれ、昨今の環境においてはこれまで以上に重要なものとなっています。アーティストが新しい音楽を作り上げ、このような環境における感情を共有したいという欲求を持っているのを私たちは知っていましたし、スタジオを再開してほしいというリクエストを数多く受けていました。安全のための新たな基準を設けたうえで今回スタジオを再びオープン出来ることをとても嬉しく思っています」

再開後初のレコーディングを担当したメロディ・ガルドーは次のように続けている。「今回アビイ・ロード・スタジオ再開後初のレコーディングを担当することが出来てとても光栄です。90年の歴史の中で第二次世界大戦の間ですらオープンしていたスタジオが、今回新型コロナウイルスの影響で初めて閉業していたと知りました。そして今回ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団とレコーディングすることで、録音にかかわるすべての人々の安全を前提にアーティストのコミュニティが復帰出来る助けとなれたのではと思います。まるで歴史に触れているような感覚です」

アビイ・ロードについてはザ・ビートルズのジャケットで有名なアビイ・ロードの横断歩道が新型コロナウイルスによる外出制限の中で塗り直されたことも明らかになっている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ