GETTY

Photo: GETTY

ザ・1975のフロントマンであるマット・ヒーリーはニュー・アルバム『仮定形に関する注釈』に参加した父親で俳優のティム・ヒーリーに賛辞を寄せている。

『NME』のためのビッグ・リードの中でマット・ヒーリーは『アウフ・ヴィーダーゼーエン、ペット』などの出演作で知られる俳優のティム・ヒーリーがアルバムに収録の“Don’t Worry”にソングライティングとバッキング・ヴォーカルで参加していることについて語っている。

「父親が1990年くらいに書いた曲なんだ」とマット・ヒーリーは“Don’t Worry”について語っている。「あの曲は生涯を通して聴いてきた曲でね。でも、レコーディング音源はなかったからね」

育てられた際の父親の影響についてマット・ヒーリーは次のように賛辞を寄せている。「父はパンクを好きだったことはないけど、いつだってすごくパンクだったんだ。父親は溶接工で、そこからスタンダップ・コメディアンになって、ライヴ・シアター・カンパニーを始めたわけだろ。みんながニューカッスルやサンダーランドでスタンダップ・コメディをやっている時に、彼はやめて芝居をやるんだ。でも、そういう人だったんだよ」

「『アウフ・ヴィーダーゼーエン、ペット』で有名になった時には政治運動の旗振り役みたいになったんだ。産業助成をして小さなストライキやなんかを起こしたりね」

彼は次のように続けている。「彼はずっと破壊的なコメディーに興味があるんだ。彼の初期のコメディーは本当にシュールレアルなんだ。すごくおかしいんだよ。変なものもあるけどね」

マット・ヒーリーはティム・ヒーリーと、『ルーズ・ウーマン』の司会で『コロネーション・ストリート』にも出演していたデニス・ウェルチとの息子となっている。『君が寝てる姿が好きなんだ。なぜなら君はとても美しいのにそれに全く気がついていないから。』に収録の“She Lays Down”では母親の産後うつを題材としている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ