GETTY

Photo: GETTY

デミ・ロヴァートはブリンク182のトラヴィス・バーカーが参加した“I Love Me”のエモ・バージョンを公開している。

“I Love Me”は3月にリリースされた楽曲で、今年のグラミー賞授賞式で披露した“Anyone”に続いてオーヴァードーズからの復帰後、2曲目の楽曲となっている。

エモ・バージョンの音源はこちらから。

オリジナル・バージョンの音源はこちらから。

デミ・ロヴァートは昨年7月、ヘロインの過剰摂取によって病院に緊急搬送され、その後リハビリ施設に入ったことが報じられていた。

デミ・ロヴァートは昨年12月に複数のツイートの中で自身の現状について報道されていることを信じないでほしいと訴えかけている。

「私はファンのことは大好きだけど、タブロイドは嫌いだわ。読んだものを信じないで。文字通り、話を売るために捏造したりするのよ」と彼女は述べている。

「世間に知ってもらいたいことがあったら、私は自分で言うわ。そうでないのなら、私の状態について書くのをやめて。だって、それは他の誰でもない私の問題だから。私は薬をやっていないし、生きていて、自分の面倒を看られることに感謝している」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ