GETTY

Photo: GETTY

カントリー・ミュージックの大御所であるジョン・プラインは新型コロナウイルスを「突然発症」したことについて妻のフィオナが最新の状況を明かし、「安定」していると述べている。

新型コロナウイルスのパンデミックが世界各地に広がるなか、新型コロナウイルスにかかって回復したフィオナは夫の闘病についてツイッターで知らせている。

フィオナはジョン・プラインについて「安定」しているとしたものの、「回復」していることを意味するわけではないと説明している。

マネージャーであるフィオナは自宅にいて、手を洗うよう訴えかけている。

彼女は次のように述べている。「新型コロナウイルスから回復しました。私やジョンやかけがえのない家族に寄せられた愛には恐縮しています。彼は安定しています。どうか素晴らしい愛と祈りを送り続けてください。彼の曲を歌ってください。家にいて、手を洗ってください。ジョンはみなさんを愛しています。私もみなさんを愛しています」

彼女は次のように続けている。「『ジョンが安定しています』の意味するところは説明する必要があります。それは回復しているわけではありません。新型コロナウイルスに治療はありません。彼には愛と祈りが必要です。そして、病気で重症化している多くの人々にも。家にいて、手を洗ってください。愛しています」

ジョン・プラインは3月29日にツイッター・アカウントで新型コロナウイルスに感染したことを発表している。

「新型コロナウイルスの症状が突然発症し、ジョンは3月26日に入院しました。3月28日には挿管されました。彼は手当を受け続けており、症状は重症です」

「私たちにとって公開するのが難しいニュースでしたが、長年にわたって多くの人がジョンのことを愛して応援してくれたことを受けて、みなさんに知ってもらい、愛と応援を送ってもらう機会を作りたいと思ったのです」

ジョン・プラインのほか、レディオヘッドのエド・オブライエンやボン・ジョヴィのキーボーディストであるデヴィッド・ブライアンも新型コロナウイルスで陽性だったことを発表しており、ポスト・マローンやカーディ・Bとコラボレーションを行ってきたアンドリュー・ワットやオーストラリアのヘヴィ・メタル・バンド、オーシャン・グローヴのメンバーも新型コロナウイルスで陽性となっている。

また、ニューオーリンズのDJブラック・アンド・マイルドは新型コロナウイルスで亡くなっているほか、ユニバーサル・ミュージックの会長兼CEOのルシアン・グランジも新型コロナウイルスで陽性となっている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ