PRESS

Photo: PRESS

カルヴィン・ハリスは新型コロナウイルスの外出制限を受けて2時間を超えるライヴ映像を配信している。

これはラヴ・リジェネレーター名義によるもので、カルヴィン・ハリスは今年1月より新たなプロジェクトであるラヴ・リジェネレーターを始動させており、これまでに6曲を発表している。

公開されたライヴ映像はこちらから。

カルヴィン・ハリスは先週も自宅からのライヴ映像を配信していた。

ラヴ・リジェネレーターについてプレス・リリースの中でカルヴィン・ハリスは「初期のレイヴやブレイクス、テクノ、ハウスなど、自分が昔ハマっていた音楽に影響を受けた」と述べている。「実のところ、1991年のタイムカプセルから来たようなサウンドになるようにできることはすべてやったんだ。すべてのシンセやサウンドが当時使われていたものだよ」

「22年前に音楽の制作を始めた頃のやり方を再発見したかったんだ。外野にどう受け止められるか考える前のね」と彼は述べている。「純粋な楽しみであり、どんなサウンドが自分に馴染むのかという実験だよね」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ