GETTY

Photo: GETTY

エミネムは「ゴジラ・チャレンジ(#GodzillaChallenge)」に参加するようファンに呼びかけていたが、その優勝者を発表している。

最新作『ミュージック・トゥ・ビー・マーダード・バイ』に収録されている“Godzilla”でエミネムは「ジーニアス」によれば、最後のヴァースで31秒間の間に224ワードをラップしている。

エミネムがこれにチャレンジするようファンに求めたことで、多くのファンがこのチャレンジに参加していた。

今回、エミネムはトリラーのユーザーであるジャックシャーロック1が“Godzilla”の第3ヴァースを披露して優勝している。

映像の中でジャックシャーロック1は難なくヴァースを続けながら、所有するエミネムのマーチャンダイズのコレクションを披露している。

一方、エミネムは新型コロナウイルスの危機における混同から『マーシャル・ロウ』というニュー・アルバムをリリースするという噂が持ち上がったが、否定している。

現地時間3月16日にフロリダ州上院議員のマルコ・ルビオは、通常法を停止して軍隊を投入する戒厳令(Martial Law)がアメリカに適用されるという「完全な誤報」を広めないようツイッターで呼びかけている。

しかし、マルコ・ルビオは「Marshall Law」とスペルを間違えたことが拡散されており、これがエミネムの新プロジェクトのタイトルではないかという噂が持ち上がっている。

エミネムは混乱を収束させるため、「ゴメン、みんな……『マーシャル・ロウ』、そんなものないんだ」とツイートしている。エミネムがツイートを投稿すると、マルコ・ルビオはスペルを間違えたことを「ゴメン」と謝罪している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ