GETTY

Photo: GETTY

テイラー・スウィフトやレディー・ガガ、マイリー・サイラスは世界的な新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、家に留まって、人混みを避けるようファンに促している。

レディー・ガガはインスタグラムで6000人を超える人々が亡くなった新型コロナウイルスについて「やさしさ」を持って向き合おうと述べている。

「今回のことは人間であることとはどういうことか、人間であることとはどう感じることかを我々の多くが思い出すことだと思う。私たちは世界規模の単一のコミュニティであり、そうでなければならないことを認識することが重要だと思うの。やさしさなしにそれはできないわ」とレディー・ガガは述べている。

「新型コロナウイルスに偏見はない。今日の私の考えは、自分たちが無力でコントロール不能のように感じることがあることを受け入れることよ。でも、私たちはそのスペースをやさしさで埋めて、世界的な問題解決に参加していくの。そうすれば、コントロールできるようになる。こんな時もやさしくして、お互いの面倒を看る方法を学ぶことで、癒やしを生み出すことができるわ」

一方、テイラー・スウィフトは接触を避けることがちゃんと行われるか「懸念」していると述べている。

「みんなのことを本当に愛しているから、今、事態が十分に真剣に捉えられているかについての懸念を表明しておきたい。いまだに一緒にいるところをたくさん見るし、出かけたり、パーティーだったりが今なお行われている」

「今は予定をキャンセルして、できる限り人から離れる時であり、病気を感じていなければ、お年寄りや弱い人々にうつすことはないと仮定しないで」

「恐ろしい時だけれど、今は犠牲を払うことが必要なの」

マイリー・サイラスは自身の「シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ」の映像を投稿して、「思いやり」を持つようファンに促している。

「よく考えて、敬意を持ち、思いやりを持ってください。人間としてあってください。社会から距離をとるなかで、お店にあるすべてのスープが必要な人などいません。買いだめするほど生活必需品は高く希少になり、多くの人の必需品がなくなってしまうのです。節制をする時です」

新型コロナウイルスについてはアリアナ・グランデも真剣に捉えるよう促している。

ソーシャル・メディアでアリアナ・グランデは次のように述べている。「驚くほど多くの人が『こんなのは大したことない』、『大丈夫よ』、『なお日々の暮らしを送らなければなりません』と話しているのを聞いて、驚いてしまったわ」

「数週間前のことだったら理解できる。でも、今何が起こっているのかを読んで。目を背けないでほしいの」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ