GETTY

Photo: GETTY

テイラー・スウィフトはドラマ「ヴァンパイア・ダイアリーズ」に出演する可能性があったことが明らかになっている。

「ヴァンパイア・ダイアリーズ」は2009年9月から放送が開始されたドラマで、ファイナルシーズンとなる第8シーズンが放送されて2017年3月に完結している。

「ヴァンパイア・ダイアリーズ」で主人公のエレナ・ギルバートとドッペルゲンガーであるキャサリン・ピアースを演じたニーナ・ドブレフは、テイラー・スウィフトが同番組に出演する可能性があったことを明かしている。

「すごく最初の頃だったのを覚えているんだけど、テイラー・スウィフトがこの番組のファンだと聞いたの」とテイラー・スウィフトは「E!ニュース」に語っている。「それでプロデューサーが彼女のための役を書こうとしたんだけど、スケジュール的な問題でうまくいかなくて、彼女が番組に出ることはなかったの」

ニーナ・ドブレフは次のように続けている。「でも、それはサプライズのものだったから、もし実現していたら、彼女は素晴らしいことになっていたと思うわ」

テイラー・スウィフトについてはいくつかのドラマ出演があり、2009年には「CSI : 科学捜査班」に出演しているほか、2013年にはドラマ「ダサかわ女子と三銃士」に出演している。

映画では2010年公開の『バレンタインデー』、2012年公開の『ロラックスおじさんの秘密の種』、2014年公開の『ギヴァー 記憶を注ぐ者』に出演しており、昨年は『キャッツ』が公開されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ