GETTY

Photo: GETTY

ビリー・アイリッシュは2月18日に開催されたブリット・アウォーズ授賞式でインターナショナル女性ソロ・アーティスト賞を受賞したことを受けて、感動的なスピーチを披露している。

ジョニー・マーやハンス・ジマーと共に『007』主題歌“No Time To Die”を披露して、スポーティ・スパイスことメラニー・チズムから賞を受け取ったビリー・アイリッシュは、受賞に感銘を受けている様子を見せている。

同じくノミネートされたアリアナ・グランデ、カミラ・カベロ、ラナ・デル・レイ、リゾに言及した後、ビリー・アイリッシュは次のように語っている。「あなたたちが私がここにいる唯一の理由よ。あなたたちがこの賞に値するわ」

家族やレーベル、チーム、ファンへの感謝を述べた後、彼女は次のように続けている。「最近もすごく嫌われていると感じたことがあった。ステージにいて、みんなが自分に笑いかけてくれるのを見ると、純粋に泣きたくなる。今だって泣きたいわ」

受賞スピーチの映像はこちらから。

先日、ビリー・アイリッシュは「私の生活が壊れてしまった」からインスタグラムに寄せられたコメントを読むのをやめたことを明かしているほか、ジャスティン・ビーバーが新たなインタヴューで名声の落とし穴から彼女を守りたいと語ったことに言及している。

「自分にとっては若くて、この業界にいることは大変なことだった。どっちに行けばいいか分からなかったし、みんな好きだと言ってくれるんだけど、すぐさま背を向けるんだよ」とジャスティン・ビーバーは語っている。

ビリー・アイリッシュに言及して、彼は次のように続けている。「彼女には自分のことをやってもらいたい。もし僕が必要だったら、彼女のためにそこに行くよ」

先週、ビリー・アイリッシュはNMEアウォーズ2020で“Bad Guy”によってベスト・ソング賞を受賞している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ