GETTY

Photo: GETTY

スリップノットのコリィ・テイラーは新たなインタヴューで誰がメタル・ミュージックの「未来」を担うのかについて語っている。

BBC 6ミュージックのメアリー・アン・ホブスに対してコリィ・テイラーはコード・オレンジ、ノックド・ルーズ、ホラー(Ho99o9)がメタルの未来の候補だと語っている。

コリィ・テイラーはメアリー・アン・ホブスに次のように語っている。「アンダーグラウンドはずっと健全なものになっていくと思うよ。新たなトレンドを作る人やカッティング・エッジなアーティストの多くがそこから現れるんだからね」

「ノックド・ルーズのようなバンドだったり、ホラーのような素晴らしいバンドがいるわけでね。ホラーはヒップホップであり、メタルであり、ハードコアなんだ。彼らはいろんなジャンルにまたがっているんだよ。それで、すごく素晴らしいんだ」

コリィ・テイラーはここ10年にわたって刺激を受けてきたバンドについても振り返っている。「そうだな。間違いなくライヴァル・サンズはそうしたバンドだよね。ロイヤル・ブラッドも素晴らしいロック・アクトだよ。理屈抜きのものがあるんだ。それが本当にいいんだよ」

「よりダークでエッジのきいたものであれば、コード・オレンジが素晴らしいし、ノックド・ルーズの新しいアルバムはすごいんだ。ビビったよ。ワークアウトの音楽にはピッタシだね。彼らの最新作は途轍もないんだ。素晴らしいよ。まあ、このバンドをスリップノットの誰かが聴いているかは知らないんだけどさ」

スリップノットのフロントマンであるコリィ・テイラーは過去に飲酒や喫煙の習慣を断った体験についても振り返っている。

これまでにも過去に抱えていた依存症の問題について公にしてきたコリィ・テイラーは同じ番組で禁酒や禁煙に成功した経緯について語っている。

「自分のやっていることが自分にとって重要な意味を持っていることに気がついて、そのことに全力で取り組みたいと思うようになる時がくるわけでさ」とコリィ・テイラーは語っている。「知っての通り、俺はちょっと変わっているところがあるから、やると決めたら何が何でもやり通そうとするんだよ」

「飲酒の問題は長年にわたって抱えていたものでね。とりわけ、俺には何かに依存しやすい側面があるんだ」と彼は続けている。「ただ、それと同時に、何かを止めると決めたらピタッと止められるという、変わったスイッチも持ち合わせていてね。(止めると決めた)1年間は俺にとって、10年のような心地だったよ」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ