GETTY

Photo: GETTY

ビリー・アイリッシュは夜驚症の苦しみについて語り、あまりにひどいと「時々1日休んでしまうことがある」と説明している。しかし、その体験はソングライティングの手助けにもなっているという。

『OK!マガジン』でビリー・アイリッシュはよく眠れるかどうかについて尋ねられている。「全然。怖い夢を見るの」と彼女は語っている。「金縛りにあったり、夜驚症だったり、一晩中怖いままで、目が覚めるのよ」

「それでダメになっちゃって、時々1日休んでしまうこともある」

しかし、こうした混乱が彼女の音楽には反映されているところもあり、“Bury a Friend”もそうした曲だという。「そうしたことが私に曲のアイディアになったことも何度かあるの」

「金縛りや悪夢があければ、ああいう風に曲は作れなかったんじゃないかと思う」

しかし、ビリー・アイリッシュはその後すぐに、彼女のアートにおける多くのダークなイメージについて心配するファンを安心させている。「私はただ暮らして、自分のアートを作っているだけよ。それは本当にダークな時間で、それについて語っているの」

「私は自分の視点からはそんなにたくさんは書いていない。だから、私自身の内面とか、私のクリエイティヴな側面とかっていうことでは、やってみるまで分からないのよ」

先日、ビリー・アイリッシュは最近のインタヴューでラッパーたちが「嘘をついている」と発言したことで批判が寄せられている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ