Danny Clinch / PRESS

Photo: Danny Clinch / PRESS

パール・ジャムはニュー・アルバム『ギガトン』を今年リリースすることが発表されている。

今回の発表はパール・ジャムが先日、通算11作目となるスタジオ・アルバムのリリースを示唆する一連のアートワークをソーシャル・メディアに投稿した後で、『ギガトン』と記された巨大看板の掲出場所を示す世界地図を投稿したことに続くものとなっている。

ジュシュ・エヴァンスとパール・ジャムがプロデュースを手がける『ギガトン』は2020年3月27日にリリースされる。本作はバンドにとって2013年発表の『ライトニング・ボルト』以来のニュー・アルバムとなっている。

「このアルバムの制作は長旅のようだった」とギタリストのマイク・マクレディは声明で述べている。「感情的には暗く、混乱した時期もあったけど、同時に音楽的な救済に辿り着くためのエキサイティングで実験的なロード・マップでもあったんだ。バンドメイトたちと『ギガトン』でコラボレーションしたことで最終的にはより大きな愛や気づきを得ることができ、この時代における人間同士の繋がりの必要性に気がつくことができたよ」

パール・ジャムは新作からの最初のシングルとなる“Dance of the Clairvoyants”を「数週間のうちに」リリースすることも明らかにしている。

ファンの間で推測されていた通り、『ギガトン』のアートワークはカナダ出身の写真家/映像作家で海洋生物学者のポール・ニックレンによる作品『アイス・ウォーターフォール』を使用したものとなっている。この作品はノルウェーのスヴァールバル諸島で撮影されたもので、ノールアウストランネ島の氷冠が溶けている様子を収めたものとなっている。

パール・ジャムはニュー・アルバムのリリースと合わせて北米ツアーの日程も発表されている。北米ツアーは3月18日にトロント公演からスタートして、4月18日と19日に2日間にわたって行われるオークランド公演で締めくくられる予定となっている。

先日、バンドは今夏にヨーロッパ・ツアーを行うことも発表しており、6月23日にドイツのフランクフルトで行う公演を皮切りに、7月10日にはブリティッシュ・サマー・タイムの一環でロンドンのハイド・パークで公演を行うことも決定している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ