GETTY

Photo: GETTY

アンダーワールドは90年代のヒット曲“Born Slippy”を大音量でかけ続けているファンがこうした騒ぎが続けば、懲役刑を受ける可能性が浮上している。

グレーター・マンチェスターのエクルズに住む54歳のクライド・テイラーは警察からの警告を無視して、映画『トレインスポッティング』のサウンドトラックにも収録された1995年発表の楽曲“Born Slippy”を大音量でループし続けているという。

『マンチェスター・イヴニング・ニュース』によれば、地元警察は近隣の住民からの苦情を受けて、スピーカー、ステレオ機器、テレビ、アンプ、エレクトリック・ギターを自宅から撤去したという。しかし、クライド・テイラーは機材を代えて、早朝の時間帯に大音量で音楽をかけ続けていると報じられている。

「騒音を減じる親切な申し出」を無視すれば、この迷惑なレイヴァーは1500ポンド(約21万円)の罰金と1人あたり30ポンド(約4000円)の被害者課徴金を支払うことになるという。

サルフォード議会は以前から「敷地の屋外で聴こえる音量で音楽をかけられ」ないようにするクライド・テイラーに対する裁判所命令を獲得している。

5年続いているこの命令を無視すれば、クライド・テイラーは懲役刑を受ける可能性もあると判事は警告している。グレーター・マンチェスターの地域においてこの一件は騒音被害に対する犯罪禁止命令が出された初めてのケースとなっている。

評議員のデヴィッド・ランカスターはこの件について「前例のない」ものだとして、クライド・テイラー側に「近隣住民への配慮が少しでもあれば避けられる」ものだと述べている。

「私たちは常に法に頼ることなく、騒音の苦情を解決しようとしています。しかし、その人物が責任を取らず、相手への配慮がない時は私たちはすべての力を使うことになるのです」と彼は説明している。

クライド・テイラーは10月に行われた裁判に出席しておらず、騒音防止警告を8件無視した件で有罪とされている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ