GETTY

Photo: GETTY

ヤングブラッドは“Hope For The Underrated Youth”のミュージック・ビデオのディレクターズ・カット版が公開されている。

ミュージック・ビデオはブルガリアで撮影され、“Die A Little”のミュージック・ビデオも手掛けたアンドリュー・サンドラーが監督を務めている。

ディレクターズ・カット版はこちらから。

「このプロジェクトで理由のないヘイトに囚われている世界を詳述したかったんだ。希望や団結、平等を求める深い情熱のための闘いが俺たちの世代の共通項となっている世界をね」とヤングブラッドは先日、“Hope For the Underrated Youth”のミュージック・ビデオについて語っている。

「俺たちのイデオロギーは周りにあるヘイトに正面からぶつかることなんだ。でも、俺たちは花のブーケでそれを叩き潰すんだ。俺はこのプロジェクトについては世界各地で会った人々について書いたんだ。俺が聞いた話や俺の頭の中での旅路やなんかをね。ビデオはブルガリアで最高に素晴らしい若者たちと撮影したんだ。彼らがこの物語を語るのを手助けしてくれたんだ。このミュージック・ビデオをあるべきものにしてくれたんだ。感謝しているよ」

平和のために暴力的な権力と闘う様を描いたビデオは切ない結末を迎えるものとなっている。

“Hope For the Underrated Youth”のミュージック・ビデオはこちらから。

ヤングブラッドは6曲が収録された『ジ・アンダーレイテッド・ユース』というEPを10月18日にリリースしている。

ストリーミングはこちらから。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ