GETTY

Photo: GETTY

リンゴ・スターは最新作『ホワッツ・マイ・ネーム』でポール・マッカートニーと共にジョン・レノンによる“Grow Old With Me”をカヴァーしたことについて語っている。

“Grow Old With Me”はジョン・レノンの死後にリリースされたオノ・ヨーコとの1984年発表のアルバム『ミルク・アンド・ハニー』に収録されていた楽曲で、同曲のカヴァーも収録されているリンゴ・スターの最新作『ホワッツ・マイ・ネーム』は本日10月25日にリリースされている。

“Grow Old With Me”にはポール・マッカートニーがベースとバック・ヴォーカルで参加している。

“Grow Old With Me”のリリック・ビデオはこちらから。

リンゴ・スターは米『ビルボード』誌によるインタヴューの中で“Grow Old With Me”について、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの1980年のアルバム『ダブル・ファンタジー』などを手掛けたプロデューサーのジャック・ダグラスからCDを手渡されたことをきっかけに、数年前に初めて聴いたと明かしている。

「最初は聴くのがとてもつらかったよ。ジョンが僕のことを話したりしてくれているんだからさ」とリンゴ・スターは語っている。「心にくるものがあったよ。僕は全部の曲を聴いた。彼は(亡くなる前に)1曲を除いてすべての曲のレコーディングを終えていたんだ。その1曲がこの“Grow Old With Me”という曲なんだよ。僕は自分にできるベストを尽くしたよ」

「何人かに参加してもらうことにしたんだ」と彼は続けている。「ポールに電話をして、『ねえ、とある曲があるんだけどさ。ジョンの曲なんだ。それで、僕はアルバムに入れようと思っていてね。君も参加して、ベースを弾いてくれないか?』って頼んだんだよ。そうしたら、『もちろんだよ。僕も入れてくれ』と言ってくれてね。そういう経緯だったんだ」

「何が嬉しいかって、僕が参加していて、ポールも参加していて、ジャック・ダグラスもいて、僕の知らないところで、僕がスタジオへ行った時に彼がストリングを加えていたんだけどさ。それを聴いてみると、誰もが知っているジョージ(・ハリスン)のリフが加えられていたんだ。そういうわけで、僕たち全員が勢揃いしているんだよ」

リンゴ・スターはカヴァーの制作は「胸が痛んだ」とした上で、レコーディングでは楽曲に「感動させられた」と語っている。

「僕はベストを尽くしたよ。僕らしさがとても出ていると思う。ほら、ジョンがこの歌詞を書いたわけでさ。彼は昔、僕のために曲を書いてくれていたから、『いや、僕がやってみるよ』と思ったんだ」

一方、ザ・ビートルズは23枚の7インチ・ヴィニール・シングルによるボックスセット『ザ・シングルス・コレクション』が11月22日に世界同時発売されることが決定している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ