GETTY

Photo: GETTY

ジンジャー・ベイカーの息子であるコフィ・ベイカーは疎遠だったクリームのドラマーである父親と彼が亡くなる直前に和解できた喜びを語っている。

ジンジャー・ベイカーは現地時間10月6日に80歳で亡くなっている。ジンジャー・ベイカーの訃報を受けて、ポール・マッカートニーやミック・ジャガーらによって追悼の声が寄せられている。

ジンジャー・ベイカーとコフィ・ベイカーは長年にわたって険悪な関係にあったことで知られており、コフィ・ベイカーは今回、昔は父親が亡くなってしまっても動揺することはないと思っていたと語っている。

「昔はガールフレンドによくこう言っていたものだよ。『彼が亡くなっても僕は何も感じないだろう』とね」とコフィ・ベイカーは米『ローリング・ストーン』誌に語っている。「本当に何も感じないと思っていたんだ。あのクソ親父は死ぬ前に僕に心を開く必要があったんだよ。変わらずクソ親父のままだったら、もっと楽だったろうなと思うよ。彼の死がこんなにも僕に影響を与えることになるとは思っていなかったんだ」

「初めは黙って座っているという感じだったんだけど、次第に『何をやっているんだ? 彼に話したいことがたくさんあるじゃないか』っていうふうに思い始めてね。『(クリームの)“Blue Condition”を練習しているんだ。アンタのやってたことをやっているんだよ……親父、僕は続けていくよ。アンタが教えてくれたすべてを続けていく。秘密も何もかも、全部ね。今と同じように続けていくよ』」

「そうしたら、親父が微笑んでくれたんだ。嬉しかったね。親父の目が輝き始めたんだよ。僕は過去や何もかもを彼に話したんだ……親父と繋がれたことはすごく嬉しかったね。死ぬ間際になれば、人間は変わるのかとか、そういうのは分からないけどさ。親父は自分が死ぬことを分かっていたんだ。彼は素直になれたことで心が和らいでいたはずだよ。親父は外側に被っていたお堅い仮面を脱いだんだよ……荒々しい気質の下には、とても愛らしい人間が隠れていたんだ。僕には教えてくれなかったはずのね」

コフィ・ベイカーやクリームのジャック・ブルースの息子であるマルコム・ブルースらからなるミュージック・オブ・クリームは来年、クリームの『カラフル・クリーム』を完全再現する北米ツアーを行う予定となっている。

「外へ出て『カラフル・クリーム』を完全再現で祝福するなんて考えるまでもないことだよ」とコフィ・ベイカーは以前語っている。「それぞれの楽曲がかなり異なっていてね。あらゆる面で挑んでくるという感じなんだ! 個人的なことを言えば、おかげで父親が書いた曲を演奏することもできたんだ。“Blue Condition”だよ。大好きな曲なんだ」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ