GETTY

Photo: GETTY

ザ・1975は2020年にUKとアイルランドで大規模なアリーナ・ツアーを行うことを発表している。

2020年2月21日にニュー・アルバム『ノーツ・オン・ア・コンディショナル・フォーム(原題)』のリリースを控えているザ・1975は来年2月から行うアリーナ・ツアーの日程を発表して、来たる新作のリリース日にはロンドンのO2アリーナで公演を行うことも明らかになっている。

アリーナ・ツアーの日程は以下の通り。

February 2020
15 – Motorpoint Arena, Nottingham
16 – Utilita Arena, Newcastle
17 – First Direct Arena, Leeds
19 – Bournemouth International Centre, Bournemouth
21 – The O2 Arena, London
23 – Motorpoint Arena, Cardiff
25 – Birmingham Arena, Birmingham
26 – M&S Bank Arena, Liverpool
28 – Manchester Arena, Manchester
29 – P&J Live Arena, Aberdeen

March 2020
1 – SSE Hydro, Glasgow
3 – 3Arena, Dublin

チケットのプレオーダーは下記のサイトで現地時間9月17日の午後5時から受け付けられる。

https://the1975.com/

アリーナ・ツアーの発表はバンドが先月、来たる新作からの新曲“People”をリリースしたことに続くものになっている。『NME』は同曲について「人類に物事を整理するよう呼びかける骨を震わすような掛け声」と評している。

「“People”に収められているのは、ザ・1975にとってこれまでで最もヘヴィで反抗的な瞬間である。バンドは稲妻のようなパンク・ロック・チューンとなっているこの曲で、カルト的なUSハードコア・バンドに対する自らの愛に遂に向き合い、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのような張り詰めた風を吹かせながら、エラスティカを彷彿とさせるポップの繊細さを漂わせてみせている。まさに痺れるような一曲だ」と『NME』はレヴューで評している。

ザ・1975は“People”に先駆け、新作からの最初の楽曲となる、環境保護活動家であるグレタ・トゥーンベリが参加したスポークン・ワードによる新曲“The 1975”も公開されている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ