GETTY

Photo: GETTY

ザ・ビートルズは、バンドの最後の日々にあった確執と『アビイ・ロード』の後にアルバムを作ろうと話していたことが分かる、ほとんど聞かれたことのないテープの存在が専門家によって言及されている。

ロック史の専門家であるマーク・ルイソンは『ガーディアン』紙に50年前に行われたミーティングのテープを聞かせており、それはバンドのメンバーが言い争うものとなっている。『アビイ・ロード』を完成させた後、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスンはサヴィル・ロウにあったアップルの事務所でミーティングを行っている。

このミーティングは腸の疾患の検査をしていたリンゴ・スターのためにジョン・レノンによって録音されていた。

1つ目の意外な事実は、ジョン・レノンが『アビイ・ロード』の後も次のアルバムの可能性について話し合っていたこととなっている。これまではバンドの解散についてジョン・レノンが大きな役割を果たしたと考えられていた。

「これは意外な事実です」とマーク・ルイソンは『ガーディアン』紙に語っている。「本では常に『アビイ・ロード』が最後のアルバムであり、彼らはアーティスティックな高みを目指して、ザ・ビートルズから離れたがっていたと言われています。でも、違うのです。彼らは次のアルバムの話をしていました。そして、ジョンがバンドを解散したがっていたと言われていますが、これを聞くと違います。これは私たちが知っていると考えていたことの多くを書き換えるのではないですか?」

他にもバンド内の確執も明らかになっており、ジョン・レノンは「レノン/マッカートニー名義」についても触れ、曲の作者について個人でクレジットされるべきだと主張している。

次にポール・マッカートニーはジョージ・ハリスンのソングライティングの才能を批判している。

「このアルバムまではジョージの曲はそこまでよくないと思っていたんだ」とポール・マッカートニーは語っている。ジョージ・ハリスンはそれに次のように応じている。「それは趣味の問題だよ。時間を経て、みんなも僕の曲を気に入ってくれるようになったわけだからね」

こうした新事実は『アビイ・ロード』の制作とザ・ビートルズの最後のアルバムとなった事実を追ったマーク・ルイソンによる新たなミュージカル「ホーンジー・ロード」に盛り込まれるという。

『アビイ・ロード』は9月26日にリリースから50年を迎える。50周年記念盤からは先日、“Oh! Darling”の2バージョンの音源が公開されている。

一方、ポール・マッカートニーは先日、2020年のグラストンベリー・フェスティバルに出演する可能性について言及している。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ