GETTY

Photo: GETTY

スリップノットのドラマーであるジェイ・ワインバーグはかつて1人のファンとしてバンドの楽屋を訪れた時に撮影された写真を10年ぶりに再現している。

ジェイ・ワインバーグは2014年に、脱退した結成メンバーのジョーイ・ジョーディソンの代役としてオークションを経てスリップノットに加入している。ジェイ・ワインバーグは加入する以前からスリップノットの長年のファンであったことを公言しており、父親でEストリート・バンドのメンバーであるマックス・ワインバーグにかつて連れられてスリップノットの楽屋を訪れたことがあることも明かしていた。

今回、ジェイ・ワインバーグは現地時間8月31日に終演後のバックステージで父親のマックス・ワインバーグとバンドメイトのジム・ルートと共に10年前に撮影された写真を再現した写真をインスタグラムで公開している。この写真が撮影されたのはニュージャージー州ホルムデルにあるPNCバンク・アーツ・センターのバックステージで、10年前の写真も同じ場所で撮影されている。

ジェイ・ワインバーグは新たに撮影した写真と当時の写真を並べて投稿して、キャプションに次のように綴っている。「時はめぐって一周するんだ」

この投稿をInstagramで見る

Time is a flat circle.

Jay Weinbergさん(@jayweinberg)がシェアした投稿 –

ジェイ・ワインバーグは今年6月、SJCドラムによるインタヴューでファンの一人だった自身がスリップノットに加入できたことについて次のように語っている。「幸運だったよ。障壁を飛び越えてステージに立つことができたことを名誉に思っている。創造の機会をもらえて、大好きだったこのバンドに少なからず貢献できているんだからね」

「この経験は最高に楽しくて、自己破壊的で、幸せに満ちたものなんだ。血も痛みも多分に伴うけど、そのすべてが価値のあるものだよ。スリップノットは最も偉大なバンドだからね。以上さ」

一方、スリップノットのフロントマンであるコリィ・テイラーは先日、新たなインタヴューでドナルド・トランプ大統領と彼の支持者を「大バカ者」と批判している。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ