GETTY

Photo: GETTY

ポール・マッカートニーは孫の一人が刃物で脅されるという事件が最近あったことを明かしている。

ポール・マッカートニーは『タイムズ』紙のインタヴューに応じて、孫の一人がロンドンで強盗に遭い、携帯電話を奪われる被害に遭ったことを明かしている。

被害に遭った特定の孫の名前は明かしていないものの、ポール・マッカートニーは事件の後に孫が「臆病者」のように感じたと言われたと語っている。

「その男に反撃できなかったことが最悪だったと言っていてね。帰ってきて、自分が臆病者のように感じたと言われたんだ」とポール・マッカートニーは語っている。「僕は彼にこう伝えたんだ。『いやいや、それは違うよ! その男は刃物を持っていたんだし、もしかしたらその刃物を使われていたかもしれないんだからね』とね」

ポール・マッカートニーは続けて、自身も孫と同じくらいの年齢の時に脅されて腕時計を奪われたことがあったとして次のように語っている。

「僕も子供の頃に4人の男たちに脅されて時計を奪われたことがあってね」とポール・マッカートニーは語っている。「僕も孫と同じくらいの年齢の時にそういう事件を経験しているんだ。当時の僕も同じような感情を抱いていたよ。『空手を習って、黒帯を取らないと。それからアイツらに反撃するんだ!』ってね。それは一番良くない考えだったんだけどさ」

一方、ポール・マッカートニーは9月6日に幼児向けの書籍『ヘイ・グランデュード!(原題)』が刊行されることを記念してロンドンで貴重なサイン会を行うことが明らかになっている。

このイベントではポール・マッカートニーによる「グランデュード」の物語の朗読も行われるとのことで、物語は「非常にイカしたおじいさんが就寝前の孫たちを南国の海からアルペン山脈まで怒涛のマジカル・ミステリ・ツアーに連れて行く」と説明されている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ