GETTY

Photo: GETTY

ギタリストのニール・カサールが亡くなった。享年50歳だった。

ライアン・アダムス&ザ・カーディナルズやブラックフット、クリス・ロビンソン・ブラザーフッド、サークル・アラウンド・ザ・サンなどで活躍したギタリストであるニール・カサールは現地時間8月27日に彼のツイッターを通じて訃報が伝えられている。

「大きな悲しみと共に、ニール・カサールが亡くなったことをお知らせします。多くの人がご存知のように、ニールは芸術と優しさの人生を生きた、親切で心の豊かな人でした。彼の家族や友人、ファンは彼がこの世界にもたらしてくれた光をこれからも忘れないでしょう。ニールよ、安らかに。みんな、君を愛しているよ」とツイートされている。

ニール・カサールの訃報を受けて多くの人々がソーシャル・メディアで彼に追悼の意を表明しており、ライアン・アダムスは「悲しみに打ちひしがれている」と述べている。

「何てことだ。悲しみに打ちひしがれているよ。真の信念を持った君と知り合えたことを光栄に思う。愛しているよ」とライアン・アダムスは記している。

ライアン・アダムスは1982年に公開された映画『ブレードランナー』に登場する有名なセリフ「雨の中の涙」を引用して次のように続けている。「安らかに。『君たちには到底信じられないようなものを見てきた。タンホイザー・ゲートの近くで、暗闇の中で輝くCビームも見た。そんな思い出もすべて、やがてなくなっていく。雨の中の涙のように』」

ニール・カサールと共に仕事をしてきたシューター・ジェニングスも彼に追悼の意を表して、彼について「親愛なる友人であり、長年のコラボレーター」だったと振り返っている。

また、BBC2の番組「ジ・オールド・グレイ・ホイッスル・テスト(原題)」で司会を務めていたボブ・ハリスはニール・カサールについて「本当に愛に溢れた男」だったと彼に追悼の意を表している。

ニール・カサールは先週、数週間以内に「素晴らしいシンガー・ソングライターであるケニー・ロビーのニュー・アルバムをプロデュースする」予定だとツイートしていた。

ニール・カサールはザ・カーディナルズの一員としてライアン・アダムスのバンドに数年間在籍し、ライアン・アダムス&ザ・カーディナルズとして3枚のスタジオ・アルバムのレコーディングに参加している。

ニール・カサールの死因については現時点で公表されていない。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ