GETTY

Photo: GETTY

ブライアン・イーノは1983年発表のアルバム『アポロ』について語ったドキュメンタリー映像が公開されている。

アルバム『アポロ』は彼の兄弟であるロジャー・イーノ、そしてプロデューサーのダニエル・ラノワと共に制作した作品で、アポロ11号の月面着陸50周年を記念して、オリジナル・アルバムのリマスター・バージョンに11曲の新曲で構成されたボーナス・ディスクを加えたエクステンデッド・バージョンで7月19日にリリースされている。

ブライアン・イーノは次のように語っている。「1969年の7月、ちょうどアートスクールに通うためにロンドンに移り住んだ時だった。私は教授の隣の部屋に住んでいて、ある日その教授が『彼らが月に着いたよ』って言ったんだ。それから一緒に小さくてぼやけた白黒のテレビの映像を見た。何が素晴らしかったかって…その映像を見て、窓から見える満月を見て思ったんだ。『なんてこった、これはまさに今、あそこで起こっていることなんだ』って。世界が変わったって思えた瞬間だったよ」

公開されたドキュメンタリー映像はこちらから。

再発盤のディスク1にはアビイ・ロード・スタジオのマイク・ショーウェルが担当したオリジナル・アルバムの最新リマスター・バージョンが収録される。ディスク2には映画『宇宙へのフロンティア』のサウンドトラックを再構築した新曲11曲のインストゥルメンタル・ナンバーが収録される。

『アポロ』のストリーミングはこちらから。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ