GETTY

Photo: GETTY

ノエル・ギャラガーはルイス・キャパルディとの論争を受けて「15分の名声を楽しむといい」と語っている。

ノエル・ギャラガーはルイス・キャパルディが先日「父親ぐらいの年齢の男性からこき下ろされた」ことで「夢が実現した」と語ったことに触れ、今回「チューバッカ野郎はせいぜい15分の名声を楽しむといい」と映画『スターウォーズ』シリーズのキャラクターになぞらえている。

ノエル・ギャラガーは『ヴァラエティ』誌とのインタヴューで、酷評されたことで「人生最高の日」になったというルイス・キャパルディの発言に触れている。

「俺がこき下ろして、アホ呼ばわりした日がアイツの人生最高の日になったんだろ。これまでの人生で最高の日だってね」とノエル・ギャラガーは語っている。

「『おおっ!』って思ったってことなんだろうけどさ。あいつがスコットランド出身っていうのは知っているけど、とはいえ発展途上国かよ。でも、勘弁してくれよ。あいつにはもっとマシな日があったはずだよ。間違いなくね」

ノエル・ギャラガーは続けて、娘のアナイス・ギャラガーが以前「大人になったらルイス・キャパルディみたいになりたい」とツイートしたことについてはどう思うかという質問に答えている。

「大人になったら?だって。まあ、アイツよりはいいルックスになっていないとだよな」とノエル・ギャラガーは応じている。「娘がアイツみたいな顔にならないことを願うよ。腹回りもね。そうなったら俺が許さないからな。娘が大人になったらルイス・キャパルディになりたいって言うなら、最低な日々が彼女には待っているよ」

同じインタヴューの中で、ノエル・ギャラガーはリアム・ギャラガーのドキュメンタリー作品『アズ・イット・ワズ』でオアシスの楽曲を使う許可を与えなかった理由についても明かしている。

「俺を批判する映画を作ろうとしているどこかの間抜けが、俺の妻を侮辱したり、ネットで俺の子供に嫌がらせをしているくせに、ツイッターで黙っていることもできないような女性蔑視の薄汚い最低野郎から電話で頼み事をされたところで、『驚いたよ。見た目の通りの馬鹿なんだな』って思うだけなわけでさ」とノエル・ギャラガーは語っている。

一方、ルイス・キャパルディは先週末にグロスターで出演したバーン・オン・ザ・ファームで、オアシスの“Don’t Look Back in Anger”のシンガロングを「父なるノエル・ギャラガー」に捧げている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ