GETTY

Photo: GETTY

ザ・1975のマット・ヒーリーはイマジン・ドラゴンズとの論争について振り返っている。

ザ・1975とイマジン・ドラゴンズの論争は2017年から始まっており、マット・ヒーリーは当時次のように語っている。「イマジン・ドラゴンズの“Radioactive”みたいな曲は、“ピカチュー・バナナ”っていう名前だっていいのにね。価値がないんだからさ」

イマジン・ドラゴンズのフロントマンであるダン・レイノルズはバンドに向けられた批判的なコメントを読んで経験した葛藤についてインスタグラムで次のように述べていた。

「どんな理由であれ、他のバンドの人たち(ザ・1975やフォスター・ザ・ピープル、スマッシング・パンプキンズ、スリップノットとかね)が自分たちに酷いことを言う必要性を感じているという事実も乗り越えてきた。実際のところ、彼らに対して怒りは感じていないんだ。怒りよりもむしろ、この業界がこういう姿勢を許容し、さらには推奨してしまっているということへの悲しみのほうが大きいんだ」

マット・ヒーリーはシカゴのラジオ局「WKQX」に出演してこの件について再び言及し、現実的な音楽を作ることの難しさについて語っている。

彼は次のように語っている。「まともなアーティストたちにとって、それが重荷になっているはずだよ。そうしたものを拾い上げることに意味がなくなっているからね」

「確か俺はそのことを他の人たちに指摘して、批判されたことがあった気がするな」とマット・ヒーリーは続けて語り、ダン・レイノルズとの論争について触れている。

「イマジン・ドラゴンズとの一件は知ってる? 最近、彼はオンラインで『みんなが自分のバンドにひどいことを言って、それほどよくないって言うんだ』って言ってたよね。『ビリー・コーガンがそう言うし、ザ・1975のマットがそう言うんだ』ってね。僕としては、ねえ、そんなこと言ってないよという感じなんだけどさ。もし言ったとしても、なぜ気にするんだ?っていうね。巨大なバンドにいる億万長者なんだぜ。それは引き受けるのに、批判からは免れようなんてことは言えないわけでね。それは違うと思うんだ。でも、それが言いたいことじゃないんだけどね。イマジン・ドラゴンズのことを言いたいんじゃなくて……それはどうでもいいんだ」

「ビッグになって、アメリカで最大のオルタナティヴ・バンドになり、ラジオもでかかるようになるっていうのは、音楽の中では何も言わず、言っているのは『レディオアクティヴ』とかなんとかってことなんだよ。俺の言っていること分かるかな? 何が言いたいんだよ。現実逃避以外に意味があるのだとしたら、教えてもらいたいね。このご時世、社会的にプロテスト・ミュージックは避けられてしまっているわけでね。9.11を見てみなよ。あの出来事はアメリカにとって本当につらいことで、人々はジャック・ジョンソンやノラ・ジョーンズを聴いていたんだ。誰も現実と向き合いたくなかったんだよ。俺たちは現実に向き合う必要がある。それもあって、イマジン・ドラゴンズの彼がこの前、ビルボード・ミュージック・アウォーズのステージで(個人の性的嗜好を変えようとする)転向療法がいかに間違っていて、いかにそれを改善する必要があるかについての話をしていたのを見た時に、『その調子だよ、自分のプラットフォームを活かしてくれ』って思ったんだ。そういうものであれば、俺もひどいことを言うつもりはないよ」

ザ・1975は、ポスト・マローンやトゥエンティ・ワン ・パイロッツ、フー・ファイターズと共に8月にUKのレディング・アンド・リーズ・フェスティバルでヘッドライナーを務めることが発表されている。

ザ・1975は新作に関連した日付がグーグル検索で明らかになっており、8月17日に何かしらの音源がリリースされる可能性が示唆されている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ