GETTY

Photo: GETTY

ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズが出演した「新 ルーニー・テューンズ」がアニメ専門チャンネル「ブーメラン」で7月28日に日本初配信されることが決定している。

「新 ルーニー・テューンズ」は、バッグス・バニーと、ワイリー・コヨーテ、ヨセミテ・サムなど、おなじみのキャラクターたちが登場する全米で2015年秋より放送開始したアニメシリーズで、日本では「ブーメラン」で2018年3月から配信されている。7月28日には、アクセル・ローズ出演エピソード「ロックでぶっ飛ばせ(原題:Armageddon Outta Here)」が日本で初配信される。アクセル・ローズがアニメで登場し、声も本人が担当しており、アクセルが歌う10年以上ぶりの新曲となる劇中歌“Rock the Rock”が披露されたことで、2018年のアメリカでの放送時には世界的に話題になった。

アクセル・ローズ役の日本語吹替えは声優で、アーティストのGRANRODEOの谷山紀章が担当し、アクセルの台詞と歌詞の監修は、映画「ボヘミアン・ラプソディ」の字幕監修などで活動中の音楽ライター・増田勇一が担当している。

増田勇一は以下のコメントを寄せている。「アクセル・ローズはメディアへの登場がとてもまれな人物で、アニメ作品へのカメオ出演となれば異例中の異例ですし、彼自身が歌う未公開の劇中歌が聞けることにも非常に価値があります。近年のガンズ・アンド・ローゼズのライブでは、開演前のオープニングSE に『ルーニー・テューンズ』のテーマが使用されていた事実もあり、これはアクセル自身にとって思い入れのあるアニメ作品なのではないかと推測しています。その作品に関わることができて光栄です。台詞や歌詞の、所々に ガンズの歴史の断片や曲のタイトルなどが含まれていたので、できるだけ生かして監修しました」

谷山紀章は以下のコメントを寄せている。「『ルーニー・テューンズ』は子供の頃に見ていた作品で、アクセル・ローズ本人役を吹き替えたというのは凄く嬉しいです。アクセル本人の声は、ライブでの甲高い声と違い、アニメの原版では低く落ち着いた印象でしたので、全体的に抑えめにしました。ただアニメなので誇張した部分も出したく、最後の曲入り前の台詞『ロックかまそうぜ!』は、原版のアクセルは静かな口調でしたが、持ち味を出したく、自分はこの台詞はシャウトしました」

番組の概要は以下の通り。

配信:ブーメラン (『dTVチャンネル』にて配信中)
番組名:新 ルーニー・テューンズ
エピソード:ロックでぶっ飛ばせ (原題:Armageddon Outta Here)
配信日時:2019年7月28日(日)10:00-10:30
再配信:7/28(日)16:30-、8/3(土)10:00-/16:30-※見逃し配信有
URL: https://www.cartoonnetwork.jp/boomerang/

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ