GETTY

Photo: GETTY

テイラー・スウィフトはインタヴューの中でされた質問の1つが女性差別的だとして回答を拒否している。

テイラー・スウィフトはドイツのテレビ局「RTL」の番組に出演して、今年の12月で30歳になることが「人生のターニング・ポイント」になるかと訊かれた上で、イギリス出身の俳優で交際相手のジョー・アルウィンとの関係を次の段階に進める可能性はあるかという質問に応じている。

「男性だったら、30歳になる時にそういう質問をされていないと思う。だから、その質問には答えないわ」とテイラー・スウィフトは答えている。

当該の質問への回答は避けたものの、テイラー・スウィフトは今年の12月13日で30歳の誕生日を迎えることについて次のように語っている。「30代になると、20代の頃よりもストレスや不安を抱えなくなるということを聞いているの」とテイラー・スウィフトは語っている。「私もそういう考えには賛成で、20代というのは、経験を求めて、新しいことに挑戦して、失敗して、間違いを犯すものだと思っているわ」

ジョー・アルウィンについての言及を避けたテイラー・スウィフトだが、彼女は現地時間5月24日にジョー・アルウィンとパリにいたところが目撃されており、ベースボール・キャップにサングラス、スニーカーというお揃いの出で立ちで朝食を食べにカフェ・ド・フロールを訪れ、ポンピドゥー・センターで手を繋いでいる姿が報じられている。

一方、テイラー・スウィフトは今年、『エル』誌に寄せた記事の中で30歳になるまでに学んだ30のことについて綴っている。

「出生証明書によれば、私は今年30歳になる」とテイラー・スウィフトは自身が表紙を飾った米『エル』誌の写真をインスタグラムに投稿して綴っている。「でも、不思議な感じなの。だって、私の一部はまだ18歳のような感じだし、別の一部は283歳のようにも感じてる。でも、現実として実際の年齢は29歳なの」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ