GETTY

Photo: GETTY

イギリス出身のアラバマ・スリーのジェイク・ブラックが亡くなった。

訃報はアラバマ・スリーの公式フェイスブックで伝えられており、バンドはザ・ヴェリー・レヴェレンド・D・ウェイン・ラヴとしても知られていた結成メンバーのジェイク・ブラックに追悼の意を捧げている。

「美しい夏の日となった今日の午後、僕らの友人であり、同志であり、精神的な師であったザ・ヴェリー・レヴェレンド・D・ウェイン・ラヴことジェイク・ブラックが高みへと旅立ちました」とバンドは投稿を初めている。「ランカシャーのハイポイント・フェスティバルで素晴らしいパフォーマンスを披露した後で、彼は持ち得る最高の知識を用い、次なる高みに向かうのに相応しい時だと判断したのです」

アラバマ・スリーはジェイク・ブラックが「ラリー・ラヴやL.B.ドープ、ザ・スピリット、ジョニー・ジャムといった兄弟やテレーゼ・マランという姉妹」に看取られ、「痛みなく安らかに」永眠したことを明らかにしている。

バンドは続けて「傷心している」と綴って、「ツイートして、ツイートして。ポッシル・フリート」という、まだ「解読していない」という彼が最後に残した言葉を紹介している。

バンドの声明の全文はこちらから。

https://www.facebook.com/thealabama3/photos/a.428837832588/10158448728877589/?type=3&theater

ロブ・スプラッグとジェイク・ブラックによってロンドンのブリクストンで結成されたアラバマ・スリーは、ドラマ「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」のオープニングで使用された1997年の楽曲“Woke Up This Morning”などで知られている。

ファンやバンドはソーシャル・メディアでジェイク・ブラックに追悼の意を表している。

「ポッシル出身のザ・ヴェリー・レヴェレンド・D・ウェイン・ラヴことジェイク・ブラックが人間界を去ってしまったという報道にとても悲しんでいるよ」と1人のファンはツイートしているほか、「アラバマ・スリーのレヴェレンド・D・ウェイン・ラヴ(ジェイク・ブラック)が亡くなったと聞いてショックを受けているよ」と別のファンはツイートしている。また、ブリクストンのニュース・サイト「ブリクストン・バズ」は次のようにツイートしている。「ブリクストンは真のレジェンドを失ったよ」

ソーシャル・メディアでの追悼の声はこちらから。

「アラバマ・スリーのレヴェレンド・D・ウェイン・ラヴ(ジェイク・ブラック)が亡くなったと聞いてショックを受けているよ。ハイポイント・フェスティバルで数日前に彼の写真を撮ったばかりだったんだ。それに、彼らはアカデミー・ミュージック・グループのために僕が撮影した最初のアーティストでもあるんだ」

「悲しいニュースだ」

「アラバマ・スリーのザ・ヴェリー・レヴェレンド・D・ウェイン・ラヴことジェイク・ブラックが今日の午後に亡くなったと聞いて、本当に悲しいよ。“Ain’t Going to Goa”の頃から好きで、兄と一緒に1998年に小さなフェスティバルに観に行ったんだ。彼らは僕たちの『エグザイル・オン・コールドハーバー・レーン』にサインしてくれて、バックステージで飲み物もくれたんだ」

「議論の余地なく史上最も偉大なシリーズだったテレビ・ドラマのテーマ・ソングを歌っていた人だよ」

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ