GETTY

Photo: GETTY

マリリン・マンソンはテレビ・ドラマ「ニュー・ポープ(原題)」に出演することが明らかになっている。

「ニュー・ポープ」はジュード・ロウ主演で2016年に放送されたテレビ・ドラマ「ヤング・ポープ 美しき異端児」の続編となっている。

「ニュー・ポープ」ではジュード・ロウがピウス13世役を続投する一方で、ジョン・マルコヴィッチも教皇を演じているという。マリリン・マンソンの役柄は現在明らかになっていないが、もう一人のゲストであるシャロン・ストーンとともに出演が発表されている。

米ケーブルテレビ局のHBOは5月17日、公式ツイッターのページにシャロン・ストーン、ジョン・マルコヴィッチ、マリリン・マンソンの写っている写真を投稿している。マリリン・マンソンは巨大な本棚の前で照明が当てられているガラスの地球儀にもたれているように見える。

『ヴァラエティ』誌によれば、マリリン・マンソンが『ヤング・ポープ 美しき異端児』とその監督であるパオロ・ソレンティーノの熱心なファンであるという。現時点で「ニュー・ポープ」の配信日は明らかになっていないが、年内の放送が予想されている。

先日、マリリン・マンソンは2017年発表の『ヘヴン・アップサイド・ダウン』に続く通算11枚目のスタジオ・アルバム次回作について仕上げの作業を行っていることを明かしている。

一方で、マリリン・マンソンが以前所有していたマンションが売りに出されていることも明らかになっている。

ロサンゼルスのサン・マルコ大通りにあるこの物件は不動産サイト「ジロー」に199万5千ドル(約2億2000万円)の価格で掲出されている。「カーブド・LA」によると、マリリン・マンソンは1990年代末から2004年まで同物件を所有していたという。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ