GETTY

Photo: GETTY

ブラック・ミディはデビュー・アルバム『スクラゲンハイム』の詳細を発表し、初来日公演を行うことが決定している。

南ロンドン出身のブラック・ミディは6月21日にラフ・トレード・レコーズよりデビュー・アルバムをリリースすることが決定している。アルバムはケイト・テンペスト、バット・フォー・ラッシェズ、ブロック・パーティーを手がけてきたダン・ケアリーがプロデューサーを務めている。

アルバムは9曲を収録し、収録時間は43分となるが、トラックリストはアルバムのリリースまで発表されないという。

ブラック・ミディはアルバムのリリース発表を記念して、5月14日にロンドン北東の某所でライヴを行ったという。このライヴはメーリングリストに登録することでチケットが購入できる仕組みとなっていた。

ブラック・ミディはジョーディ・グリープ(ヴォーカル/ギター)、キャメロン・ピクトン(ベース・ヴォーカル)、マット・ケルヴィン(ギター)、とモーガン・シンプソン(ドラム)からなるロンドンを拠点に活動する4人組で、9月には初来日公演を行うことも決定している。

来日公演の日程は以下の通り。

9月5日 (木) 東京:Unit
9月6日 (金) 大阪:Conpass
9月7日 (土) 京都:Metro

アルバムの日本盤にはボーナストラックが2曲、追加収録されることも決定している。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ