GETTY

Photo: GETTY

エミネムはロジックとの最新シングル“Homicide”でもモノマネのラップがサンプリングされているコメディアンのクリス・デリアにラップ・バトルを申し込んだという。

クリス・デリアは昨年、サプライズで2018年にリリースされたアルバム『カミカゼ』で聴けるようなエミネムの最近のロボットのごとく矢継ぎ早にラップするフローを真似した動画が話題となっていた。エミネムはその後「マジで俺だと思った」として彼に賛辞を送っているほか、ロジックとの“Homicide”の最後のパートで彼のラップをサンプリングしている。

“Homicide”の音源はこちらから。

今回、エミネムはクリス・デリアと「いつの日かバトルする」とツイートしている。また、ロジックはエミネムやクリス・デリアと3人で撮った写真をソーシャル・メディアで公開しているほか、クリス・デリアはインスタグラムで「生まれた時から準備ができていた」としてエミネムからの挑戦を承諾したと綴り、続けてツイッターに次のように投稿している。「時間と場所は? ナプキンを持参するよ」

エミネムによるクリス・デリアを称賛する投稿と、昨年話題になった彼の動画はこちらから。

クリス・デリアは先日、米『ビルボード』誌とのインタヴューで“Homicide”に自身のラップがサンプリングされたことは「名誉」だと語っている。

「『(お金は)受け取らなくていいよ。彼らにあげてくれ。それでいい』っていう感じだった」とクリス・デリアはマネージャーからサンプリングを知らされた時のことを振り返っている。「そんなのはいいんだ。この上ない名誉だからね。お金なら他の方法で稼げるからさ。俺には必要ないんだ……ラップの世界でお金を稼ぐつもりはないよ。それ以上に名誉だからね」

「俺はただ、ガレージで馬鹿みたいに真似をしただけだよ。『どうぞ』っていう感じだった。俺は自分の方法でお金を稼ぐよ」

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ