GETTY

Photo: GETTY

マドンナはビルボード・ミュージック・アウォーズでのパフォーマンス映像が公開されている。

マドンナは先日、6月14日に通算14作目のスタジオ・アルバムとなる『マダムX』がリリースされることが決定しており、アルバムからは新曲“Medellín”が公開されていた。

ビルボード・ミュージック・アウォーズの授賞式でマルーマと共に“Medellín”を披露している。

パフォーマンスの映像はこちらから。

ビルボード・ミュージック・アウォーズの授賞式からはアリアナ・グランデやジョナス・ブラザーズからのパフォーマンス映像も公開されている。

マドンナは新曲“Medellín”について次のように語っている。「アーティストとしてのキャリアを始めた当初の私は、ナイーヴだったと思っているの。ナイーヴにはいい側面があるのよ。他の人に判断されることだったり、他の人に何を言われるかを気にしたり、自分のやっていることについて考えたりすることなく、自由でピュアに自分を表現できるんだから」

彼女は次のように続けている。「私は人生におけるそういう時期に戻りたいと思ったの。ニューヨークに出てきたばかりの駆け出しの時期にね。周囲の言うことなんか気にしていなかったし、あらゆる雑音や勧告、提案にも耳を傾けずに音楽を作っていたわ。当時19歳だった自分に『マダムX』という名前を付けたのもその時期よ。そういうわけで、すべてが一周したのよ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ