GETTY

Photo: GETTY

マッシヴ・アタックは「絶滅への抵抗(Extinction Rebellion)」と題された抗議運動に加わって、ロンドンのマーブル・アーチで観客に向けてパフォーマンスを行っている。

気候変動に対する非暴力の抵抗運動が丸2週間に近づくなか、マッシヴ・アタックは活動家や目撃者に向けてパフォーマンスを行っている。

マッシヴ・アタックは2010年のアルバム『ヘリゴランド』から”Paradise Circus”などの楽曲を披露しており、同曲には次のようなリリックがある。「嵐の気配を感じる時、それは不吉な予感/居心地が悪くて、寝返りを打ってしまう」

現地時間4月21日には抗議のためにウォータールー橋を占拠する人々を警察が強制退去させ、多数の逮捕者を出している。

「BBCニュース」によると、950名以上が一連の抗議運動の中で逮捕されて、40名が起訴されているという。ロンドン警視庁は抗議活動に対処するために約200名の追加要員を要請している。

女優のエマ・トンプソンやTV司会者/動物学者のクリス・パッカムを含む多数の著名人が世界中で展開されているこの運動を支持している。

4月21日にウォータールー橋を占拠していた活動家への呼びかけを行っていたクリス・パッカムはその後、政府が活動家の要求に耳を傾けると考えているのかとプレス・アソシエーションに訊かれて、次のように答えている。「来週も聞いていないのであれば、次回聞くことになるでしょう。私たちはどこにも行かないし、この運動はこれからも続きますからね」

エマ・トンプソンは先週、ロンドンの目抜き通りであるオックスフォード・サーカスを封鎖したピンク色のボートに乗り込んでいる。

「これは私たちの時代、人類の歴史上で最も緊急で差し迫った問題なのです」とエマ・トンプソンは呼びかけ、彼女の世代や政治家のせいで若い人は犠牲になっていると続けている。

「私は自分でその証拠を見てきましたし、次世代のために今日ここにいたいと思ったほど、子供や孫のことを心配しているのです」

オックスフォード・サーカスでの抗議運動の現場はすでに撤去されている。警察は活動家に対して抗議運動のために指名されているマーブル・アーチに活動を留めるよう促している。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ