GETTY

Photo: GETTY

リンキン・パークはチェスター・ベニントンが亡くなって以来、初めて新曲のレコーディングについて話し合っていると報じられている。

リンキン・パークは2017年にフロントマンのチェスター・ベニントンが亡くなって以来、活動を休止した状態が続いており、ヴォーカリストのマイク・シノダは2018年の6月にソロ・デビュー・アルバムをリリースしている。

リンキン・パークのDJであるジョー・ハーンは今回、韓国「聯合ニュース」のインタヴューに応じて、チェスター・ベニントンが亡くなって以来、初めて残りのメンバーで新曲のレコーディングについて話し始めたことを明かしている。

「リンキン・パーク・ファン・クラブ・ワールドワイド」によれば、ジョー・ハーンは次のように語っているという。「メンバーたちは自分や家族の面倒を見ながら、それぞれのやり方で困難を乗り越えようとしているよ」

「それから、ようやくバンドとして一緒に新曲を作ることについても話し始めたんだ」

しかしながら、ジョー・ハーンによれば、それは近い将来の話ではないようで、彼は新曲のリリースが10年後になる可能性も示唆している。

新曲に取り組む具体的な時期について訊かれると、ジョー・ハーンは「10年後かもしれないね」と笑いながら答えている。「それより早い可能性もあるしね」

「締め切りはもうけたくないんだ。僕たちはただ、今と向き合って音楽の話ができたらと思っている。細かい計画について話すつもりはないよ。僕はただ、倉庫の中で音楽を書いていたような昔の日々に戻りたいだけなんだ」

今回の報道は以前マイク・シノダがリンキン・パークに新たなヴォーカリストを迎える可能性について言及したことに続くものとなっている。

「自然な形で起こらなければならないと思っているんだ。素晴らしい人で、個人的にもスタイルとしてもすごく合う人が見つかったら、誰かとなにかをやってみることがあるかもしれないね」

マイク・シノダはラインナップに変更があるとしても「チェスター・ベニントンの代役」ということにはならないとし、「チェスター・ベニントンの代役を立てるというふうには考えたくないんだ」と語っている。

昨年12月、ベーシストであるフェニックスはバンドの新曲が出る可能性をほのめかしている。

「よく一緒につるんでるんだ」と彼は語っている。「僕たちはきっとまた音楽をやると思うよ。全員が望んでいることさ。一緒に過ごしたりするのは楽しいからね」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ