PRESS

Photo: PRESS

マーク・ロンソンは元妻でフランス人女優のジョセフィーヌ・デ・ラ・ボームとの離婚に折り合いをつけるため、ニュー・アルバムをレコーディングしたと語っている。

マーク・ロンソンは6月21日に4年ぶりとなる通算5作目のニュー・アルバム『レイト・ナイト・フィーリングス』をリリースすることが発表されている。

マーク・ロンソンはメンズ向けのファッション専門サイト「ミスター・ポーター」に対して曲作りに取り組むことが離婚への対処の手助けになったと語っている。

「(離婚を)乗り越える手助けになったんだ」と43歳のマーク・ロンソンは語っている。「振り返ってみると、いつもよりいい曲ができたと思っていてね、何かを乗り越えたからさ。だってさ、もちろん、お気に入りのアルバムは全部、心の痛みから生まれたわけでね」

マーク・ロンソンは続けて、創造性に火をつけるためネガティブな感情を認めることの大切さを学んだと語っており、これはレディー・ガガ、エイミー・ワインハウス、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジらと共に、自身が「むきだしの感情」でいっぱいになった状態でアルバムをレコーディングした経験がきっかけであるという。「もし嫌な気分になったとしたら、そこからなにか素晴らしいものを得たようなものだから」

しかし、マーク・ロンソンは自身のキャリアについてあと何枚アルバムをリリースできるかわからないと語っている。

「あと5年くらいはポップ・ミュージックの世界に関わると思うけど、それ以降はニューヨーク大学の音楽科の客員教授か何かになるだろうね」

新作にはマイリー・サイラス、カミラ・カベロ、アリシア・キーズ、キング・プリンセス、イェバ、エンジェル・オルセン、ダイアナ・ゴードン、リッキ・リーらが参加している。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ