GETTY

Photo: GETTY

ケミカル・ブラザーズは新作より“We’ve Got To Try”のミュージック・ビデオの舞台裏を追った映像が公開されている。

“We’ve Got To Try”はUKのF1放送のテーマ曲として起用されており、先週4月12日にリリースされた新作『ノー・ジオグラフィー』に収録されている。

ニニアン・ドフが監督を務めた“We’ve Got To Try”のミュージック・ビデオは「壮大な犬の物語」を描いたもので、捨て犬のシャドウが「ストリートから拾われて」F1のドライバーになる物となっている。

今回、ニニアン・ドフはメイキングの舞台裏について語っており、シャドウを演じた犬が「優秀な救護犬」で「現実に飛行機に乗ったことがある」ことを明かしている。

メイキング映像はこちらから。

“We’ve Got To Try”のミュージック・ビデオはこちらから。

ケミカル・ブラザーズはニュー・アルバム『ノー・ジオグラフィー』がリリースされたことを記念して、スペシャル・ロゴ・メーカーが登場している。

このスペシャル・ロゴ・メーカーはケミカル・ブラザーズのアーティスト・ロゴと同じフォントで、自分が好きな言葉を入力することができる。

スペシャル・ロゴ・メーカーはこちらから。

https://umusic.digital/olzmiw/

新作『ノー・ジオグラフィー』のストリーミングはこちらから。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ