PRESS

Photo: PRESS

ノー・ロームは2019年第1弾となる新曲“Cashmoney”が公開されている。

“Cashmoney”は5月3日にダーティ・ヒットからリリースされるEP『クライング・イン・ザ・プリティエスト・プレイセズ』からの最初の楽曲となっている。

フィリピン出身のノー・ロームは昨年、ザ・1975のマット・ヒーリーがヴォーカルで参加した“Narcissist”を収録したEP『レスト・イン・ピース・インドウ・ヒサシ』をリリースしている。両者は週末のコーチェラ・フェスティバルやUK・USツアーにおいて“Narcissist”で共演を果たしている。

新曲“Cashmoney”についてノー・ロームは「マニラのコール・センターで働いていた」16歳の時に初めて書いた曲だと語っている。「僕のインスピレーションの源、そして自分の表現の方法としてのファッションについての曲をいつも書いていた。今まで僕はそれらをポップ・ミュージックの文脈に落とし込む方法を知らなかったんだ」

ノー・ロームはペール・ウェーヴスと共にザ・1975のアメリカ・ツアーにサポート・アクトとして出演しており、今夏にはレディング&リーズ・フェスティバルに出演することが決定している。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ