GETTY

Photo: GETTY

バズコックスは1979年発表のサード・アルバム『ア・ディファレント・カインド・オブ・テンション』と1979年発表のコンピレーション作『シングルズ・ゴーイング・ステディ』が2019年のリマスター音源で6月14日にリリースされることが決定している。

これはデビュー作『アナザー・ミュージック・イン・ア・ディファレント・キッチン』とセカンド・アルバム『ラヴ・バイツ』が2018年リマスター音源で今年1月にリリースされたのに続くもので、リマスターはオリジナルのテープから音源を修復・リマスターしたものとなっている。

リマスター音源が各アルバムから1曲ずつ公開されている。

バズコックスは昨年12月にリード・シンガーであるピート・シェリーが心臓発作で亡くなっている。

バズコックスはピート・シェリーの訃報について次のように声明を発表している。「ピートの音楽は、50年に及ぶキャリアを通じて多くの世代にインスピレーションを与えてきました。バンドの一員やソロ・アーティストとして、彼は音楽業界や世界中のファンから最高の評価を得ていました」

リマスター音源の詳細はこちらから。

https://www.dominomusic.com/releases/buzzcocks

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ