GETTY

Photo: GETTY

テイラー・スウィフトは自身のウェブサイトとインスタグラムでカウントダウンを開始しており、テイラー・スウィフトの新曲がまもなくリリースされるのではないかという噂を巻き起こしている。

カウントダウンはツイッターとインスタグラムで投稿されており、日本時間4月26日13時に何かが起こることを予告するものとなっている。

新曲について様々な噂が起きているなか、カウントダウンは開始されている。テイラー・スウィフトは先日、アイハートラジオ・ミュージック・アウォーズの授賞式で蝶のモチーフの入ったヒール靴を着用していたことがきっかけで、次回作のテーマについてファンの憶測を呼んでいた。

熱心なファンは先月発行された『エル』での「30歳にまでに学んだ30の教訓」での発言に注目している。

「楽しみなことにはカウントダウンをするようにしてるの」と彼女は述べている。「暗く落ち込んだ時期を過ごした時も、いつもカウントダウン・アプリをやると少しの安心と望みが見つかるの。楽しみにしていることを追加するのよ」

「大きな休日とかじゃなくても、未来に目を向けることは素晴らしいことよ。今も圧倒されることなんかはあるけど、人生は常に進んでいくし、いいことに目を向けることは素晴らしいことよ」

ちなみにこの教訓は30個のうちの26個目となっていて、カウントダウンが終わる4月26日と一致している。

先日、テイラー・スウィフトはLGBTQの権利擁護団体に11万3000ドル(約1250万円)を寄付したことが明らかになっている。

昨年10月にアメリカの中間選挙に向けて自身の政治姿勢について沈黙を破り、民主党の2人の候補を支持することを表明していたテイラー・スウィフトは今回、LGBTQの人々に不利な法案の撤回を州議会に請願するために発足した150人の宗教指導者からなる団体「テネシー・イコーリティ・プロジェクト(TEP)」に多額の寄付を行ったことが明らかになっている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ