Derek Bremner/NME

Photo: Derek Bremner/NME

マーク・ロンソンはリッキ・リーを迎えた新曲“Late Night Feelings”が公開されている。

“Late Night Feelings”は昨年リリースされたマイリー・サイラスとのコラボレーションとなる“Nothing Breaks Like a Heart”に続くシングルとなっている。

新曲“Late Night Feelings”はこちらから。

マーク・ロンソンは先日、2015年にリリースされた『アップタウン・スペシャル』以来3年ぶりとなる新作について、リッキー・リーやイェバ、キング・プリンセスらが参加していることを明かしている。

マーク・ロンソンはBBCとのインタヴューの中でアルバムについて、昨年、女優のジョセフィーヌ・ドゥ・ラ・ボームとの離婚を経験したことで「悲しいバンガー」で溢れていると語っている。アルバムの一部を聴いたBBCは新作について、「未来的」で「カントリー寄り」だと評している。

“Nothing Breaks Like a Heart”のミュージック・ビデオはこちらから。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ