PRESS

Photo: PRESS

グレタ・ヴァン・フリートは“Safari Song”のライヴ映像が公開されている。

“Safari Song”は2017年4月にリリースされたファーストEP『ブラック・スモーク・ライジング』に収録されている。

公開された映像は昨年7月にトロントのレベル・クラブで行われた公演で収録されたものとなっている。

公開された映像はこちらから。

このライヴからは“Edge Of Darkness”の映像も公開されている。

グレタ・ヴァン・フリートのベーシストであるサム・キスカは先日、バンドが2019年に「世俗的な」ニュー・アルバムをリリースする見込みだと語っている。

「今はたくさんのことに取り組んでいてね。刺激的で、新しいと思えるものだよ。これまで行ったことがない場所にも行くことになるんじゃないかな。文字通りの意味でも、比喩的な意味でもね。2作目はすごく世俗的なアルバムになると思う」とサム・キスカは豪・『ヘヴィ』誌のインタヴューで語っている。

サム・キスカは続けて、新しい土地を訪れたことが新作のサウンドに与えている影響について次のように語っている。「世界中をツアーして、日本やオーストラリアを訪れたわけでね。そういう新しい体験をする中で頭に浮かんできたサウンドや色彩は、そのままアルバムにも表れているよ」

「僕たちの創造力を高めてくれるようなものでしかないよ。これまで見たことがなかった、たくさんの美しいものを見られるんだからね。素晴らしい人生だよ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ