GETTY

Photo: GETTY

ジム・ジャームッシュはイギー・ポップやトム・ウェイツらが出演する新作映画『ザ・デッド・ドント・ダイ(原題)』の公開が発表されている。

ゾンビ映画だという『ザ・デッド・ドント・ダイ』はジム・ジャームッシュにとって2016年に公開された『パターソン』以来の長編作品となっており、2018年の夏から制作に取りかかっていることが報じられていた。

映画配給会社のフォーカス・フィーチャーズは今回、『ザ・デッド・ドント・ダイ』が5月のカンヌ国際映画祭でのプレミア上映に続いて7月14日に全米で公開されることを正式に発表している。

『ザ・デッド・ドント・ダイ』に出演する豪華なキャスト陣も合わせて発表されており、ビル・マーレイやアダム・ドライバー、セレーナ・ゴメス、クロエ・セヴィニー、ティルダ・スウィントンのほか、トム・ウェイツやイギー・ポップ、ウータン・クランのRZAら過去にコラボレーションを行ったミュージシャンらも出演していることが明らかになっている。

また、本作には他にダニー・グローヴァーやケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、ロージー・ペレス、サラ・ドライバー、キャロル・ケインらが出演していることも発表されている。

ジム・ジャームッシュやフォーカス・フィーチャーズは現時点であらすじなどの詳細を明かしていないものの、ジム・ジャームッシュは以前、脚本について「愉快なもの」になっていると語っている。

ジム・ジャームッシュは今年2月にジョゼフ・ヴァン・ヴィセムとのプロジェクトによるアルバム『アン・アテンプト・トゥ・ドロー・アサイド・ザ・ヴェール』をリリースしているほか、5月にはソニック・ユースのリー・ラナルドらとコラボレーションしたライヴ・アルバムのリリースも控えている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ