Ross Halfin / PRESS

Photo: Ross Halfin / PRESS

デフ・レパードはデヴィッド・ボウイの楽曲をカヴァーしたパフォーマンス映像が公開されている。

これは衛星ラジオ局「シリウスXM」の番組「ザ・ハワード・スターン・ショウ」のために収録したもので、デフ・レパードはデヴィッド・ボウイの名曲“Ziggy Stardust”のカヴァーを披露しているほか、自身のヒット曲“Pour Some Sugar on Me”も披露している。

パフォーマンス映像はこちらから。

デフ・レパードは今年、レディオヘッドやジャネット・ジャクソン、ザ・キュアー、スティーヴィー・ニックス、ロキシー・ミュージック、ザ・ゾンビーズと共にロックの殿堂入りを果たすことが発表されている。

34回目となるロックの殿堂入りの式典は2019年3月29日にブルックリンのバークレイズ・センターで開催される。

ロックの殿堂の候補となる資格については初めての商業的音源のリリースから25年が経過したアーティストとなっており、史上最も売れたロックンバードの一つであるデフ・レパードは2004年から殿堂入りの候補になる資格を有していた。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ