GETTY

Photo: GETTY

多くの影響を与えたシンガーのスコット・ウォーカーが享年76歳で亡くなった。

スコット・ウォーカーの訃報はレーベルの4ADによって発表されており、「妥協なきオリジナリティを持ったソロ・アーティスト、プロデューサー、作曲家」と評している。

「ティーンのアイドルからカルチャーとしてのアイコンまでスコット・ウォーカーは未来の世代に類稀な音楽の財産を遺しました。長く記憶に残る歌声を持った素晴らしい作詞家であり、クリエイティヴな音楽の先端で最も崇拝された革新者の1人でした。その多くのアーティストに与えた影響は広く認められています」とレーベルは声明で発表している。

「彼のヴィジョンの大きさとダイナミズムは映画やダンスの領域に及び、彼はその音楽で観客に衝撃を与え、彼の作曲はジャンルを超越し、彼の混じり気のないオリジナリティは分類に逆らうものでした」

本名をノエル・スコット・エンゲルというスコット・ウォーカーは1943年にオハイオ州ハミルトンで生まれ、10代の時にジョン・ウォーカーことジョン・マウスと共に1964年にウォーカー・ブラザーズを結成している。その後、ウォーカー・ブラザーズにはゲイリー・ウォーカーことゲイリー・リーズがドラマーとして加わっている。

“The Sun Ain’t Gonna Shine Anymore”といった楽曲で、グループはザ・ビートルズに匹敵する人気を獲得した一方、スコット・ウォーカーはますます実験的なソロ作品をレコーディングして注目を避けるようになり、バンドの最初の解散のわずか1年前の1967年に『スコット』をリリースしている。

続けてスコット・ウォーカーは、『スコット2』『スコット3』『スコット4』と題されたアルバムをレコーディングし、批評家からの評価を獲得している。

これらの真にオリジナルなサウンドでスコット・ウォーカーはアヴァンギャルドのアイコンとして賞賛され、レディオヘッドやアークティック・モンキーズ、ジャーヴィス・コッカー、ザ・ディヴァイン・コメディなど数多くのミュージシャンに影響を与えている。

トム・ヨークはツイッターで次のように追悼の意を表している。「スコット・ウォーカーがこの世を去ったと聞いてすごく悲しい。レディオヘッドや僕は彼から大きな影響を受けていて、自分の声や言葉をどのように使えるのかを教えてくれたんだ。彼とは一度メルトダウンで会ったことがあるよ。すごく優しくて穏やかなアウトサイダーだった。とても惜しまれることになるよ」

レディオヘッドのプロデューサーであるナイジェル・ゴッドリッチは次のように述べている。「スコット・ウォーカーの件を聞いてものすごく悲しい。真に偉大な人の1人だった。ユニークで、真のアーティストだったんだ。『OKコンピューター』のレコーディング初日に向かう時にチジック・ハイ・ストリートで自転車に乗った彼とすれ違ったんだ。それでスタジオに着いたら、トムが『スコット4』のアルバムを持ってたんだ。縁起がいいと思ったよね」

彼はソロ・キャリアの中で、自身のアルバムやサウンドトラックのコラボレーションを含め通算18枚のアルバムをリリースしている。彼の最後の作品はナタリー・ポートマン主演の『ヴォックス・ルクス』のスコアとなっている。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ