GETTY

Photo: GETTY

アリアナ・グランデは現地時間3月18日にニューヨーク州オールバニで行った『スウィートナー』ツアーの初日となる公演で今は亡き元恋人のマック・ミラーに追悼の意を表している。

アリアナ・グランデはタイムズ・ユニオン・センターで行ったこの日の公演で、ステージに登場する前に会場内でマック・ミラーの音楽が流れていたことが明らかになっている。

「アリアナ・グランデが『スウィートナー』ツアーで1曲目が始まる直前にマック・ミラーの曲を流してる。心が追いつかないわ。涙が溢れてくる」とファンの1人はツイートしているほか、別の観客は次のようにツイートしている。「アリアナ・グランデを待っている間、マック・ミラーの曲がかかってる」

アリアナ・グランデはこの日の公演をアルバム『スウィートナー』の冒頭を飾る“Raindrops (An Angel Cried)”からスタートさせている。“Raindrops (An Angel Cried)”は多くのファンからマック・ミラーについて歌った楽曲ではないかと考えられている。

アリアナ・グランデは“Raindrops (An Angel Cried)”で次のように歌っている。「空から雨が降ってきて/あなたが私のもとを去った日/天使が涙を流したの」

アリアナ・グランデとマック・ミラーは2年間の交際の末に2018年の5月に破局している。マック・ミラーは昨年の9月7日にオーヴァードーズによって享年26歳で亡くなっている。

アリアナ・グランデは『スウィートナー』ツアーの初日となったこの日の公演で、“Thank U, Next”や“Breathin”、“God Is a Woman”などのヒット曲を含む30曲をパフォーマンスしている。

アリアナ・グランデのインスタグラムでは、この日の公演から“7 Rings”と“Successful”のパフォーマンス映像が公開されている。

アリアナ・グランデは先日、スターバックスと共同開発したドリンク、クラウド・マキアートが発売されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ