Paul Harries

Photo: Paul Harries

スリップノットのフロントマンであるコリィ・テイラーはドラマーのクリス・フェーンがバンドに対して訴訟を起こしたと報じられている件に言及している。

「ザ・ブラスト」は現地時間3月14日に、スリップノットのドラマーであるクリス・フェーンがスリップノットを相手取り、バンドとの長年のツアーで受け取るべき報酬を受け取っていないとして訴訟を起こしたことを報じている。

ピノキオ風のマスクで知られるクリス・フェーンは1998年にスリップノットに加入して、バンドのすべてのアルバムに参加している。

クリス・フェーンが訴訟を起こしたことが報じられた後で、コリィ・テイラーはツイッターでこの報道に言及して次のように述べている。「今日はくだらない読み物がたくさん出てくると思う。俺に言えるのはこれだけだよ。真実が明らかになるまで待っていてくれ。ノットよ、永遠に」

クリス・フェーンは訴状の中で、自身はマーチャンダイズやツアーの報酬を一つの会社からメンバーそれぞれの分として分配されて支払われていると言われていたと述べている。しかしながら、クリス・フェーンはバンドメイトたちが他の州にも別のスリップノット関連の会社をいくつか立ち上げているのを発見したとして、バンドの報酬がそれらの会社にも分配されていると主張している。

クリス・フェーンはバンドメンバーたちが別会社を立ち上げていたことを知らなかったとして、それらの会社から報酬を受け取ったことはないと主張している。彼はバンドメイトの中でもリーダーであるクラウンことショーン・クラハンとコリィ・テイラーの名前を筆頭に挙げている。

クリス・フェーンはスリップノットの会社や財産の適切な会計監査を行うよう求めているほか、自身に支払われるべき損害金や報酬の支払いを求めている。

スリップノットは先日、メタリカが「ワールドワイアード」ツアーのオーストラリア/ニュージーランド・ツアーとして行う6公演に帯同することが発表されている。

スリップノットは通算6作目となるニュー・アルバムが8月9日にリリースされることが明らかになっている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ