GETTY

Photo: GETTY

グラストンベリー・フェスティバルは2019年のラインナップが発表され、ストームジー、ザ・キュアー、ザ・キラーズが今年のヘッドライナーを務めることが明らかになっている。

グラストンベリー・フェスティバルは現地時間3月15日に今年のラインナップを発表して、ザ・キュアーとザ・キラーズが昨年11月に発表されていたストームジーと共に今年のピラミッド・ステージのヘッドライナーを務めることが明らかになっている。

2019年のグラストンベリー・フェスティバルのラインナップはこちらから。

それぞれのヘッドライナーが出演する日程としては、ストームジーが6月28日にヘッドライナーを務め、ザ・キラーズが6月29日の、ザ・キュアーが6月30日のヘッドライナーを務めることが決定している。

今回発表されたアーティストとしては他に、リアム・ギャラガーやジャネット・ジャクソン、ジョージ・エズラ、マイリー・サイラス、テーム・インパラらも出演することが明らかになっている。

ステージごとの詳細は現時点で明らかになっていないものの、ケミカル・ブラザーズやヴァンパイア・ウィークエンド、ローリン・ヒル、クリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズ、トゥー・ドア・シネマ・クラブ、ジョルジャ・スミスらが出演することも明らかになっている。

また、既にウェスト・ホルツ・ステージのトリを務めることが発表されていたジャネール・モネイや『NME』とのインタヴューで出演を明かしていたリッツォの出演も今回正式に発表されている。

今年のチケットは既に完売しているものの、入金のなかったチケットを対象に現地時間4月28日に再販売されることが決定している。

ザ・キラーズはシークレット・ゲストとして出演した2017年以来となるグラストンベリー・フェスティバルでヘッドライナーを務めることについて、ソーシャル・メディアで次のように綴っている。「いいかい、みんな。こういうことだ。本当だよ。共に過ごそう」

2019年のグラストンベリー・フェスティバルに関する音楽以外のニュースとして、今年は会場内にフェスティバルを象徴するアルカイダの巨大蜘蛛に代わって、「空中で進化するショウ」の演出が登場することが明らかになっている。

アルカディアのスタッフはスタッフは先日、グラストンベリー・フェスティバルの象徴の一つとなっている巨大な火を吐く蜘蛛のマシーンに代わる、空中に設置される「巨大なマシーン」の制作に取り組んでいることを明かしている。

新たな巨大マシーンは、パーク・ステージの隣に位置する、これまでアルカディアが手掛けていた会場に設置される予定となっている。また、主催者のエミリー・イーヴィスは以前、今年のパーク・ステージについて「革新的」で「水準を上げた」ものになると語っている。

アルカディアのスポークスマンは次のように述べている。「同じ会場に、新しい世界が登場するのです! 私たちは今、巨大な機械と格闘しています」

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ