Björk/One Little Indian

Photo: Björk/One Little Indian

ビョークは限定カラーのカセットテープで9枚のオリジナル・アルバムすべてをリリースすることが決定している。

新しいTシャツのラインも先日発表したビョークだが、ツイッターで「もう一つのサプライズ」としてファンに9つのカセットテープを見せる動画を投稿している。

1993年発表の『デビュー』から最新作の『ユートピア』まですべての作品がリイシューされ、それぞれオリジナルのアートワークに合わせたカラーが採用されている。

カセットテープはすべて個別でリリースされるほか、9作をすべてバンドルしたものも発売される。リリース日は4月24日となっている。

ビョークは新たなマーチャンダイズでレトロなテーマを採用しており、先日発表されたTシャツも90年代の意匠に近いものとなっている。他にもストアでなにかが発売されるかは明らかになっていない。

ビョークは「コルヌコピア」と題した公演を行うことが決定しており、「これまででも最も手の込んだステージ」になるとしている。この公演はニューヨークのアート会場、ザ・シェッドのオープニングのために5月に行われることになっている。

公演は7人編成によるアイスランドのフルート・アンサンブル、ヴィーブラやハープ奏者、パーカッショニストが参加し、そして、ビョークの公演では初めてとなる演劇的演出も取り入れられるという。

ビョークは2017年に最新作となるアルバム『ユートピア』をリリースしており、その前にはフジロックフェスティバル ‘17にも出演している。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ