Jay Blakesberg

Photo: Jay Blakesberg

ショーン・レノンは両親に対する思いを語った最新インタヴューがソニー・ミュージックの公式サイトで公開されている。

ショーン・レノンとプライマスのレス・クレイプールによるユニット、ザ・クレイプール・レノン・デリリウムは2月22日にセカンド・アルバム『サウス・オブ・リアリティ』をリリースしている。

インタヴューでは新作について、相棒のレス・クレイプール(プライマス)について、自身の音楽歴から現在の音楽ルネッサンス的な状況について、そして、偉大なる父と母について語っている。

インタヴューはこちらから。

https://www.sonymusic.co.jp/artist/theclaypoollennondelirium/info/504622

両親に対する思いについてショーン・レノンは次のように述べている。「僕の父がビートルズにいて、僕の両親がジョンとヨーコだからこそだと思うけど、僕は自分の音楽がロックンロールのマスターたちの築いてきた歴史のどこに位置するかをできるだけ考えないようにしてきたような気がするんだ。もしそういうことに囚われていたら、そういうのにインスパイアされて音楽を作るなんてことは畏れ多くてできなかったかも知れない。だからあまり考えないようにしているというか、自分のバンドを何かと比べないようにしているんだ」

「アーティストとしての自分と、ジョンとヨーコの息子でいることを両立するプロセスというのは、一生かかるものなんじゃないかな。ある意味逃げ場がないというか。大半の人たちは僕のことを両親の文脈の中でしか見てくれないからね。僕のことを見て、僕のことだけを考えてくれる人っていうのはとても珍しいんだ。それに対する僕のリアクションはというと、初期のアルバムをとってみても、声のオーバーダブはほとんどしていなかった。スタジオでそれをやると、自分的にはすごくいい音になるけど、みんな『Oh my god! お父さんそっくりになるね』とか『そっくりになっちゃうからだめだよ』なんて言われてしまうんだ。だから初期のアルバム数作は聴く気になれない。声の処理がしっくりこないし、僕には当時からひどい音に聞こえていたからね。立ち戻って考えてみても「どうして自分の声をいい音にしなかったんだろう」と思ってしまうんだ。父に似た声にしようとしているとか言われることを恐れて、やらなかったことを後悔しているよ。でも、やっと気づいたんだ。「声のオーバーダブは必要だ。いい音にするためにも」ってね。もっと力強い歌い方をしないといけない。その方がいい声に聞こえる。そりゃ人は「お父さんみたい」と言うかも知れないけど、それはどうにもならないことだから、とにかくやることだ。そう思うようになった」

彼は次のように続けている。「基本的に勝ち目はないんだ。いい声にしようとしたり、思い切り息を使って歌ったら父に似てしまうし、みんなにもそう言われてしまう。かと言ってそれをやらなかったらいい音楽にはならない。そういうことだよね……自然体の自分から出てくるものに従えばいいんだ。そして自然体の自分から出てくるものというのは、明らかにビートルズやジョンやヨーコの影響が大きいんだ。それが僕の出自だからね。と言いつつ、この問題は完全には解決していないし、一生しないと思う。僕の両親の名声は素晴らしいものだから、それを忘れてもらうことを期待するのは無理だと思うしね。というか、通常はみんなそっちを先に考えるから。で、僕がラッキーであれば、その後で僕自身に対しての感想を持ってくれるかも知れない。自分が思いついた最善の解決策は、あまり心配しなさすぎないことだね」

「実は最近考えるんだ。どうして自分は音楽を作っているのか。そうしたら、あるフィーリングを得るために作っているということに気づいたんだ。自分が録音したものを聴いていて、それを気に入ると、そういうフィーリングになるんだけど……それはすごく難しいことなんだ。僕はたくさん曲を書くけど、聴き返してみて『何だかなあ…好きになれないなぁ』なんて思うことも結構ある。最終的に満足いくものができたときのフィーリングは、手に入れるのがすごく難しいことだけど、実際達成できたら本当にすてきな気分になれるんだ。それを自分は生き甲斐にしているんだなって思うよ」

新作『サウス・オブ・リアリティ』の日本盤ボーナストラックには、ピンク・フロイド、キング・クリムゾン、ザ・フー、そして日本が世界に誇るフラワー・トラベリン・バンドのカヴァー4曲が収録されることも決定している。

リリースの詳細は以下の通り。

ザ・クレイプール・レノン・デリリウム『サウス・オブ・リアリティ』
The Claypool Lennon Delirium/South of Reality
2019/02/22 release SICX-121
¥2,400+税 日本盤ボーナストラック4曲収録
解説:藤本国彦 対訳:宮城裕次
01 リトル・フィッシズ/Little Fishes
02 ブラッド・アンド・ロケッツ(1stシングル) / Blood and Rockets : Movement I, Saga of Jack Parsons – Movement II Too the Moon
03 サウス・オブ・リアリティ/South of Reality
04 ボリスカ/Boriska
05 イージリィ・チャームド・バイ・フールズ/Easily Charmed by Fools
06 アメジスト・レルム/Amethyst Realm
07 トーディマンズ・アワー/Toadyman’s Hour
08 クリケット・クロニクルズ・リヴィジテッド/Cricket Chronicles Revisited : Part I, Ask Your Doctor – Part II, Psyde Effects
09 ライク・フリーズ/Like Fleas 3:32
日本盤ボーナストラック
10 天の支配/Astronomy Domine (Pink Floydのカバー)
11 ボリスのくも野郎/Boris The Spider (The Whoのカバー)
12 クリムゾン・キングの宮殿/The Court Of The Crimson King (King Crimsonのカバー)
14 Satori/ Satori (Flower Travellin’ Bandのカバー)

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ